ベトバン - ニュース



火災発生時に備えて、避難道/道具の準備を充実した。

by Hoàng Hải Triều /

最近、ベトナムのホーチミン市の8区にあるCarinaという高級マンションで、火災が発生して、なんと13人の犠牲者も出てしまいました。 やはり、火災が出ないように未然に防ぐことと、火災が出たら、安全に逃げられることを両方実施しなければいけないのですね。 弊社も、先日、【もしも、火災が発生したどう逃げるか】と検討したところ、やっぱり、隣のビルにジャンプするしかないという結論になりました。なお、隣のビルとの距離だと、どうしても安全にジャンプできそうもない距離でした。そこで、さっそく、安全に逃げられる『はしご』、安全に逃げるロープの『固定パイプ』を作って、備えました。 ちなみに、設備と取り付け作業で、合計2万円でした。 皆様も是非、ご参考まで!!


ホーチミン市工業大学IT学科と交流

by Tôn Nguyễn Hoàng Ân /

先日、ホーチミン市工業大学(HUI)のIT学科が主催した「IT卒業生に必要なスキル、条件」のセミナーにベトバンTrieu社長が招待され、企業側からの立場として講演もしてきました。招待された企業にはCMC社、BigC(ホーチミン市の最大小売企業)などIT業界の大手もありました。Trieu社長は、必要なスキルはたくさんありますが、大学生に対して、大学卒業するまでに、大学側として、基本的にITのベーシックな知識(データベース、ネットワーク)をしっかり教え、交渉スキル、要件定義を要約するスキルなどという「ソフトスキル」は企業に入ってから、企業に教育してもらうように、教育タイミング、範囲、責任を明確に分けた方がいいという意見を述べました。 HUIとベトバン社も今後、いろいろな面で協力することになりました。ベトバン社からはIT企業短期研修プログラム、研修テーマ(IT課題)などを提供して参ります。


ドイツでベトバンのPOSシステムを導入してくれたレストランが10社突入

by Hoàng Hải Triều /

2017年にドイツでレストランに対して新しい法律が作られました。この法律の基本的な新点は利用するPOSシステムは忠実に販売データを保存し、必要に応じて国の関係者が確認できる機能が必須ということです。 弊社はこの法律変更に合わせて、ドイツでのパートナーであるKimquan EDV System会社と協力して、新しいPOSシステムを開発し、市場に売り出しました。 先日(2017年10月14日)、ドイツで弊社のPOSシステムを導入してくれたレストランの数が10社と投入しました。弊社はドイツだけではなく、これからヨーロッパの他の国であるオーストリア、スイス、ポーランドにも売り込みます。 ベトナムの小さな会社ですが、ワールドクラスであるというビジョンに向けて、着々実施していきます。


無事5年連続ゴールデンラケット卓球大会の報道ができた。

by Hoàng Hải Triều /

先日、ホーチミン卓球連盟が主催するゴールデンラケット卓球大会(ホーチミン市の毎年の国際卓球大会)(7月15日~7月18日)が無事に行われました。弊社は大会の情報や試合の結果報道のスポンサーとして、今年は5回目(5年目)となりました。


ベトナム国ゲアン省向け 土中毒素状況を視覚化するソフトウエア開発

by Hoàng Hải Triều /

先日、(ベトナムの中部にある)ゲアン省からご依頼を受け、土中の毒素拡散状況をシミュレーションするソフトウエアを開発しました。 これは指定ロケーションにおいて、土中の深さごとに毒素濃度を想定し、 全体の面積に渡って、毒素濃度を表示するソフトウエアとなっています。 毒素の濃度を計算するアルゴリズム及びソフトウエアのビジュアルデザインは全て自社開発したものであり、100%オリジナルソフトウエアとなります。 下記はそのソフトウエアを納品し、検収していただいた時のイメージです。 検収ミーティング 毒素拡散状況シミュレーションソフトウエアの画面


to-top